手

納品する印刷物の品質向上で顧客満足度アップに役立つ印刷検査装置

計算機

パンフレットや冊子印刷を外注する企業側は、納品される印刷物の品質が一定レベル以上のものであることを当然として期待しています。もし、納品物の印刷に色ムラ、誤植、文字欠けなどがみられるようなら、その依頼者は、印刷やり直しを依頼するか、印刷依頼をキャンセルして他社に依頼するようになるでしょう。このようなことが無いように、印刷物の品質には最大限の注意を払う必要がありますが、目視による印刷物の検査には膨大な時間と手間がかかる上に、細かいものは見逃しの可能性もあります。そこで、印刷物の検査業務を効率よく出来る方法を模索中の企業担当者の方は、是非、印刷検査装置の導入を検討してみてはいかがでしょうか。印刷検査装置があれば、納品物の品質検査スピードを格段にアップ出来ますし、これまで目視ではピックアップしそこねていた細かな印刷不良部分も確実に特定して、納品前にきちんと修正対応ができるようになります。印刷物の検査スピードと精度が向上すれば、納期の短縮や納品物の品質改善につながるため、顧客満足度も向上するでしょう。その一方、印刷検査装置が入ったことで、目視チェックに要する時間と労力を削減できるため、業務効率化が進んでスタッフの過重負担という問題も解決できます。

印刷物検査の精度とスピードを同時にアップできる印刷検査装置

印刷物は、基本的に、印刷不良個所がない状態で顧客に納品する必要があります。印刷機を使って印刷して、最初から完全な印刷物ばかりが出来るならいいのですが、あいにくと現実はそうではありません。大量に印刷すると、文字欠け、色ムラ、ズレなどが一定数生じるため、納品前にこれをチェックして、修正等の対応をする必要があります。修正箇所が多ければ、納期に間に合うように対応するのが困難になるため、納品物の品質チェックは、できるだけスピーディかつ精度高く行えるのが望ましいです。しかし、目視チェックでこれを実現するのは非常に難しいのが現実でしょう。
そこで、このような事態を改善すべく、いい方法がないか検討中の企業担当者におすすめなのが、印刷検査装置の導入です。印刷検査装置は、自動的に印刷不良個所をピックアップできるため、検査スピードを大幅にアップすることができます。加えて、目視では特定しにくい微妙なエラーもきちんとピックアップできるため、納品前の修正精度も向上し、印刷物のクオリティが従来よりも高くなります。印刷検査装置を使うことで、高品質の印刷物を短い納期で納品できるようになれば、他社との差別化に成功して、多くの顧客と印刷依頼を勝ち取ることが出来るでしょう。

納品物の品質検査業務の精度と効率を改善できる印刷検査装置

業務効率や品質改善のためによく利用されるのが機械化です。印刷業に関しても、業務フローの様々な箇所で機械化が進んでおり、印刷検査装置の導入もその一つです。印刷検査装置というのは、印刷物の汚れ、色ムラ、さらには文字欠けといった印刷不良を自動的にピックアップできる機械のことで、これがあれば、増大する印刷注文、レベルが上がる一方の顧客の品質への要求にも十分に応えることができます。そもそも、印刷会社の収益率改善のためには、印刷から納品までの時間と手間を出来る限り減らし、かつ、品質レベルを一定以上に維持することが必要です。そうすることで、少ない時間と労力で顧客満足度の高い納品物を用意できることになり、その分、従来よりも多くの印刷受注が可能になります。ここでネックとなるのが、印刷物の品質検査です。印刷機がどれほど高度に進化しても、納品物の品質検査なしに顧客に印刷したものを引き渡すことはできません。しかし、目視による印刷不良のピックアップはかなりの手間も暇もかかる上に、それだけで全ての印刷不良個所を特定できるわけではないという難点もあります。印刷検査装置を使えば、品質検査のスピード、精度を同時に高めることができますので、企業担当者の方は、是非、導入に向けて詳細を検討しましょう。

印刷検査装置の導入なら【ウエブテック】をご利用ください。機械で的確にチェックできるので印刷物の精度や品質の向上にもなります。印刷検査装置の導入をお考えの方にはオススメです。

PICK UP

RECENT POSTS