手

納品物のクオリティチェックを早く確実にできる印刷検査装置

プリンタ

絶えざる業務効率化によって収益率の高い経営体質を目指す必要があるのは、印刷会社とて例外ではありません。印刷業務のフローの中で効率化が望まれる業務は様々ですが、なかでも、印刷物のクオリティチェック業務を簡素化、スピードアップしたい企業担当者の方は多いでしょう。これを実現するための近道として、印刷検査装置の導入が考えられます。印刷物は、どれほど気を付けて印刷しても、色ムラやズレ、文字欠けなど、何らかの品質不良が生じてしまいます。目視チェックで納品前にこれを出来る限り発見して修正しないことには、顧客の信頼を損ない、ビジネス継続の見込みは深刻なダメージを受けるでしょう。印刷検査装置を普段の業務に活用すれば、検査プロセスを自動化によって迅速にできることに加え、より細かい印刷不良個所も、従来よりも確実に特定できるようになります。印刷検査装置にできることは、このように、検査業務のスピードアップならびにチェック精度の向上ですが、これを上手くビジネス上のセールスポイントとして活用すれば、満足してくれる顧客数の増大、リピート顧客の増加、更に、新規顧客獲得のチャンスといったより大きなメリットがもたらされると期待されます。

PICK UP

RECENT POSTS