手

数々のメリットをもたらしてくれる印刷検査装置の導入

色見本

人手や業務に割ける時間が不足している時には、機械の導入による自動化という方法を取ることが可能です。印刷業も例外ではなく、例えば、大変な手間と時間がかかる印刷物の品質チェック業務も、今はすでに印刷検査装置の導入によってかなりの負担軽減が可能です。印刷検査装置を納品物チェックに活用すると、いくつものメリットがもたらされます。まず、検査スピードが格段に向上するため、印刷不良個所への対応も前倒しで行うことが出来るようになり、結果的に従来よりも短い納期を実現できる可能性があります。多くの顧客は、納期が短い点を高く評価するため、スピード納品という点をセールスポイントにすれば、新規顧客獲得に直結する可能性があるでしょう。早いだけで低品質では、折角獲得した顧客もあっという間に離れてしまいますが、印刷検査装置の品質検査精度は高く、目視では看過せざるを得ないような印刷不良も発見できるようになります。すなわち、スピードと品質の両者を向上させることができるため、顧客満足度も高くなるでしょう。
納品物のクオリティチェック業務を何とかして効率化したいと考えている企業担当者の方は、第一選択肢として機械化、すなわち、印刷検査装置の利用を前向きに検討してみるといいでしょう。

PICK UP

RECENT POSTS